何故光で発電できるのか?太陽光発電のその仕組み

太陽光発電は、太陽光を電気に変換して発電するというものになります。
これくらいは一般的に知られていますが、実際にどのような装置を利用しているか、どのような仕組みで発電されているかを理解している人は少ないのではないでしょうか。

そこでここでは簡単に太陽光発電について説明していきましょう。
太陽光発電は簡単にいうと、太陽光を半導体素材の吸収層によって反射させることによって、吸収層の中の電子が光エネルギーを吸収します。
これが太陽光によって発電する仕組みになります。
光エネルギーを集めていくと、一定の方向に電流が発生するので、これを電気として利用するのです。
太陽光発電の種類がいくつかありますが、一般的には光吸収層の集約方法が違ったり、組み合わせ方が違うことによって、様々な種類になっているのです。
光吸収層が発電効率を左右するのですが、素材によって大きく変わってきます。
一般的にはシリコンが利用されているのですが、他にも無機系化合物や有機系化合物が利用されています。
これによっても種類が変わってきます。
太陽光発電にはパネル以外にも、パワーコンディショナーや分電盤などが必要です。
パネルの設置に架台が必要な場合もありますし、モニター等で電力を管理することになるでしょう。
太陽光発電によって発電された電力は直流電流なので、パワーコンディショナーによって交流電流にして利用することになります。
その後分電盤によって、各コンセントに配電されています。

環境にやさしい発電方法として注目されてきている

太陽光発電は環境にやさしい発電方法として、近年注目されてきています。
一般の家庭にも導入することができるので、検討をしている人もいるかもしれませんが、導入の際には注意したいことがいくつかあります。

太陽光発電は太陽光を電気に変換することで発電しています。
そのため、より多くの太陽光を集めることが出来る場所に太陽光パネルを設置する必要があるでしょう。
この場合、南向きの屋根が大きい住宅が望ましいです。
もちろん他の方角に向いていても設置をすることができますが、発電効率が悪いのであまりおすすめは出来ません。
また、太陽光発電を設置することが出来る業者は様々あります。
その中で良い業者に依頼する必要があるでしょう。

業者によっては設置後に雨漏りをするなど、トラブルになることもあります。
太陽光発電設置をビジネスにしている業者によっては、無理やり設置を薦めてくるような業者もいるようです。
悪質な業者に依頼しないように注意しましょう。
太陽光発電を導入する費用は、長期間太陽光発電を利用することによって回収することができます。
しかし最初に高額な費用がかかるということはデメリットになるでしょう。
このように太陽光発電にはデメリットやリスクがあります。
その点についても十分に把握してから導入を検討するようにしましょう。
ある程度の知識があれば悪質な業者に騙されることもないでしょう。

更新情報